管理人がおすすめする F1本 紹介です。
書名のリンクをクリックすれば、購入することもできます!



Grand Prix Data Book 1950-2005(洋書)
F1データブックの決定版!!1950〜2005年まで
ありとあらゆる資料が満載です。貴重な写真も豊富!


Grand Prix Data Book 1950-2005
[ハードカバー/モノクロ・カラー/英語/496ページ]

                  館長おすすめの逸品!!

                  F1一瞬の死 (WAVE出版)
F1専属ドクターが、レースで遭遇した死亡事故とドライバーのその時の状態、治療の経緯、なぜ助からなかったのか・・・などを詳細にレポートしています。
ロニー・ピーターソン、ジル・ヴィルヌーブの死亡事故を始め、アイルトン・セナの事故直後の容態からその後の経過などを詳しく解説。


                       icon
                       F1一瞬の死 [ B6 253ページ ¥1.900 ] 


                 F1・最新マシンの科学(講談社
1993年に「F1の科学」を書いた著者が、最新技術動向をもとにF1マシンを解説。
コーナリング性能は車体中央の垂直Z軸の慣性モーメントがカギ。なぜアンダー
ステア、オーバーステアとなるか等、最新技術追求の軌跡を知るのに最適な一冊
です!

                                 
                     F1・最新マシンの科学 [B6 270ページ  ¥1,800]

   1993年版            F1の科学 [B6 328ページ  \1.100]

   F1全史シリーズ(ニューズ出版)
F1の歴史を知る上での入門書とも言える定番の本です!
色合いがちょっといまいちですが、写真が多くF1の歴史をざっと調べるには最も
おすすめできるシリーズです。


              iconicon
    F1全史 1996−2000 [A4 137ページ ¥4,400〜]
     F1全史第1集
      F1全史第2集
        F1全史 第3集
         F1全史第4集
          F1全史第5集
           F1全史第6集

           館長おすすめの逸品!
                  F1倶楽部 シリーズ!
F1倶楽部シリーズのなかで、個人的(^^ゞにおすすめなのがこの第29号「グランプリカー・オブ・ザ・イヤー」です!
当博物館に展示してある名車はもちろん、それ以前の時代に活躍していたマシンから現代のグランプリカーの歴史を知ることができます!


                     
             F1倶楽部 第29号 [B5変 129ページ ¥927]

HOME